【慰安婦 日韓合意】会見内容、安倍首相・パククネ大統領発言、海外の反応などまとめ | 政治備忘録

【慰安婦 日韓合意】会見内容、安倍首相・パククネ大統領発言、海外の反応など

Share

16.01.07 追記 「岸田外務大臣の韓国訪問」動画(外務省 16.01.06公開)

151228 日韓両外相共同記者発表

以下、12月28日~29日の動きです。
安倍首相発言全文までは時系列順に記しています。

今回の合意、まっとうな歴史家から見ると納得のできるものではないと思います。
歴史家ではありませんが、わたしもそうです。納得もできないし、相手は常識が通じず嘘も平気な韓国ですから、今後また蒸し返されるのではないかと多くの日本人が不安を抱いていると思います

しかし1夜明けて頭を整理しました。

敢えて勇気を出して書きますが、政治として見た場合、今回の合意に関しては日本が勝ったのではないでしょうか

韓国に対してだけでなく、中国の目論みに対して、地域社会の安定の意味において。

(無論、解決したはずの問題を何度も蒸し返し、日本政府から幾度となく譲歩を引き出してきたという点で、トータルでは韓国の圧勝なんですが)

しかし、勝ったと言えるにはひとつの条件があります。それは、

今後、国際世論がどう形成されるか です。

ケリー米国務長官が出した声明に「国際社会に対する合意支持要請」がありました。恐らくこれがポイントになると思います。
これは日本が要請したことであると聞きます。

わたしが「敢えて日本は勝った」と書いたのは、世論の形成において、あまりにも不安を煽り、日本が負けた、政権は売国奴だという流布に乗っかると、それ自体があちら側の目論みに乗ることになる、それを利用しようとする人が現れると思うからです。

もちろん国際世論の形成なんて、個人レベルでどうにかできるものではありません。
個人ができることと言えば、不安を先取りするよりも、今は敢えて強い意志を持って「この問題は終わったのだ」と、堂々としていたいと思います。
そして、小さな声であっても正しい歴史を発言する。そして、正しい発信をする人を応援し、支える。それが、現時点でのわたしの結論です。

この記事の最後に、もう少し詳しく「わたしが日本が勝ったと思う理由」を書きました。

日韓両外相共同記者発表

平成27年12月28日 14:00~15:20

12月28日午後2時から3時20分頃まで,岸田文雄外務大臣は,尹炳世(ユン・ビョンセ)韓国外交部長官と日韓外相会談を行い,直後の共同記者発表日本語英語韓国語(PDF) )において,慰安婦問題について以下のとおり発表した。

1 岸田外務大臣

151228 日韓両外相共同記者発表3

当時の軍の関与の下、多数の女性を深く傷つけた。安倍内閣総理大臣は、おわびと反省の気持ちを表明する。
韓国政府が財団を設立し、これに日本政府の予算で資金を一括で拠出する。
不可逆的な解決を確認した。

韓国政府が財団を設立すれば、この問題は解決される。

日韓間の慰安婦問題については,これまで,両国局長協議等において,集中的に協議を行ってきた。その結果に基づき,日本政府として,以下を申し述べる。

(1)慰安婦問題は,当時の軍の関与の下に,多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題であり,かかる観点から,日本政府は責任を痛感している。
安倍内閣総理大臣は,日本国の内閣総理大臣として改めて,慰安婦として数多の苦痛を経験され,心身にわたり癒しがたい傷を負われた全ての方々に対し,心からおわびと反省の気持ちを表明する。

(2)日本政府は,これまでも本問題に真摯に取り組んできたところ,その経験に立って,今般,日本政府の予算により,全ての元慰安婦の方々の心の傷を癒やす措置を講じる。具体的には,韓国政府が,元慰安婦の方々の支援を目的とした財団を設立し,これに日本政府の予算で資金を一括で拠出し,日韓両政府が協力し,全ての元慰安婦の方々の名誉と尊厳の回復,心の傷の癒やしのための事業を行うこととする。

(3)日本政府は上記を表明するとともに,上記(2)の措置を着実に実施するとの前提で,今回の発表により,この問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する。
あわせて,日本政府は,韓国政府と共に,今後,国連等国際社会において,本問題について互いに非難・批判することは控える

2 尹(ユン)外交部長官

151228 日韓両外相共同記者発表2

最終的かつ不可逆的に解決した。
少女像は韓国政府が関連団体との協議を行い適切に解決されるよう努力する。
国連等国際社会において蒸し返さない

今回日本政府が表明した措置が着実に実施されれば、蒸し返さない。

韓日間の日本軍慰安婦被害者問題については,これまで,両国局長協議等において,集中的に協議を行ってきた。その結果に基づき,韓国政府として,以下を申し述べる。

(1)韓国政府は,日本政府の表明と今回の発表に至るまでの取組を評価し,日本政府が上記1.(2)で表明した措置が着実に実施されるとの前提で,今回の発表により,日本政府と共に,この問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する。韓国政府は,日本政府の実施する措置に協力する。

(2)韓国政府は,日本政府が在韓国日本大使館前の少女像に対し,公館の安寧・威厳の維持の観点から懸念していることを認知し,韓国政府としても,可能な対応方向について関連団体との協議を行う等を通じて,適切に解決されるよう努力する。

(3)韓国政府は,今般日本政府の表明した措置が着実に実施されるとの前提で,日本政府と共に,今後,国連等国際社会において,本問題について互いに非難・批判することは控える

出典:外務省

パク・クネ大統領「日本側の措置、迅速に対応を」

参考文献:産経新聞 2015.12.28 17:42

朴槿恵大統領は、大統領府で岸田文雄外相と面会し、

「日本側の措置が迅速に、合意に従い誠実に実施されることが最も重要だ」
「韓日関係が新しく再出発できることを望む」

などと述べた。

日韓首脳電話会談

 おわびと反省の気持ちを表明。
日韓間の財産・請求権の問題は最終的かつ完全に解決済み
 最終的かつ不可逆的に解決された。
朴槿恵大統領が、1最終合意がなされたことを評価、2新しい韓日関係を築くために互いに努力していきたいと発言した。

平成27年12月28日 17:48~

12月28日17時48分から約15分間,安倍内閣総理大臣は,朴槿恵(パク・クネ)韓国大統領と首脳電話会談を行ったところ,概要以下の通り。(日本側から,菅官房長官,萩生田官房副長官,世耕官房副長官,谷内国家安全保障局長,長谷川総理補佐官,齋木外務事務次官ほか同席。)

1 両首脳は,慰安婦問題をめぐる対応に関し,11月の日中韓サミットの機会に行われた日韓首脳会談を受け,協議を加速化し,今般合意に至ったことを確認し評価した。

2
(1)安倍総理から,日本国の内閣総理大臣として改めて,慰安婦として数多の苦痛を経験され,心身にわたり癒やしがたい傷を負われた全ての方々に対し,心からおわびと反省の気持ちを表明した。その上で,慰安婦問題を含め,日韓間の財産・請求権の問題は1965年の日韓請求権・経済協力協定で最終的かつ完全に解決済みとの我が国の立場に変わりないが,今回の合意により,慰安婦問題が「最終的かつ不可逆的に」解決されることを歓迎した。

(2)朴槿恵大統領から今次外相会談によって慰安婦問題に関し最終合意がなされたことを評価するとした上で,新しい韓日関係を築くために互いに努力していきたいといった発言があった。

(3)両首脳は,今回の合意を両首脳が責任をもって実施すること,また,今後,様々な問題に,この合意の精神に基づき対応することを確認した。

3 両首脳は,安全保障,人的交流,経済を始めとする様々な分野における日韓協力を強化し,日韓関係を前に進めていく重要性を確認した。

安倍首相発言全文(日韓首脳電話会談後)

反省とお詫びの気持ちは今後も揺るぎない。
最終的、不可逆的な解決ができた。

出典:産経 2015.12.28 19:47

先ほど朴槿恵大統領と電話で会談を行い、合意を確認致しました。

今年は戦後70年の年にあたります。8月の首相談話で申し上げてきた通り、われわれは歴代の内閣が表明してきた通り、反省とお詫びの気持ちを表明してきた。その思いに今後も揺るぎありません。

その上で、私たちの子や孫、その先の世代の子供たちに謝罪し続ける宿命を背負わせるわけにはいかない。今回、その決意を実行に移すための合意でした。この問題を次の世代に決して引き継がせてはならない。

最終的、不可逆的な解決を70年目の節目にすることができた。今を生きる世代の責任を果たすことができたと考えています。

今後、日韓は新しい時代を迎えます。日韓両国が力を合わせて新しい時代を切り開いていくきっかけにしたいと思います。

海外首脳の反応

米政府声明

参考文献:共同・産経 2015.12.29 09:44,10:54

ケリー米国務長官声明「国際社会に合意支持要請」

28日、日本と韓国の慰安婦問題をめぐる合意を歓迎する声明を発表。

「米国の最も重要な2つの同盟国の関係改善に資する」と評価。

国際社会に合意を支持するよう求める」と訴えた。

最終的かつ不可逆的」なものであることを強調し、再び蒸し返されることがないよう期待感をにじませた。

「日韓の指導者が合意に達した勇気と先見を称賛する。安全保障と経済を含む地域と地球規模の問題で、両国と協力し続ける」

安全保障、経済の両面で日米韓3カ国の協力強化に意欲を示した。

ライス大統領補佐官(国家安全保障担当)声明「包括的な解決策」

和解への「包括的な解決策であり、合意と完全な履行を支持する」と表明。

国務省高官「日韓関係の新時代」

電話会見で「合意は日韓関係の新時代の幕を開けるものだ」と評価。

米共和党マケイン上院議員「日韓新時代の到来願う」

出典:共同 2015.12.29 08:35

米共和党の重鎮マケイン上院議員は28日、日韓両政府が従軍慰安婦問題の決着で合意したことを歓迎する声明を発表した。

合意が「日韓関係の新時代到来を告げるものになることを切に願う」としてアジア太平洋地域の平和や繁栄のため、日韓両政府が良好な関係を築くことへの期待を表明した。

上院外交委員会 カーディン議員(民主党)「適切な合意」

出典:共同 2015.12.29 08:35

上院外交委員会のカーディン議員(民主党)も声明を出し、日韓両政府が「慰安婦の苦しみを認め、双方に適切な形で合意した」と評価。

「歴史を忘れないことは不可欠だ」とした上で、未来志向の関係構築を促した。

インドネシア外務省報道官「対話を歓迎」

出典:共同 2015.12.29 09:06

インドネシアインドネシア外務省報道官は28日、日韓両政府が慰安婦問題の決着で合意したことについて「内容を確認する」と話す一方、「対話を歓迎する」と述べ、日韓関係の改善に期待感を示した。

旧日本軍は第二次大戦中、ジャワ島やスマトラ島などに慰安所を設置した。

海外の報道

米紙ニューヨーク・タイムズ電子版

「画期的な合意により、日韓関係の最も解決困難な行き詰まり(の原因)が取り除かれるだろう」

英BBC放送

「歴史的」と報道。

オーストラリア放送協会(ABC)

「画期的な合意で『不可逆的』に解決することに同意した」

英紙デーリー・テレグラフ電子版

政治学者の分析を引用し「ぎくしゃくした日韓関係の改善を望む米国の圧力が背景にある」

わたしが「日本が勝った」と思う理由

今回の発表で、「最終的かつ不可逆的に解決した」「賠償金ではない」などの点が日本として良かったな、ということはすぐに分かる。

しかし、相手は常識が通用しない嘘も平気な韓国だから、勝ったと言えるためには条件がある。
それは今後の国際世論の形成である・・・と冒頭で述べました。

その上で、今回の発表をよく聞くと、


日本側は、
韓国政府が財団を設立すれば、この問題は解決される。

(2)日本政府は,これまでも本問題に真摯に取り組んできたところ,その経験に立って,今般,日本政府の予算により,全ての元慰安婦の方々の心の傷を癒やす措置を講じる。具体的には,韓国政府が,元慰安婦の方々の支援を目的とした財団を設立し,これに日本政府の予算で資金を一括で拠出し,日韓両政府が協力し,全ての元慰安婦の方々の名誉と尊厳の回復,心の傷の癒やしのための事業を行うこととする。

(3)日本政府は上記を表明するとともに,上記(2)の措置を着実に実施するとの前提で,今回の発表により,この問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する。


韓国側は、
今回日本政府が表明した措置が着実に実施されれば、蒸し返さない。

(3)韓国政府は,今般日本政府の表明した措置が着実に実施されるとの前提で,日本政府と共に,今後,国連等国際社会において,本問題について互いに非難・批判することは控える

と述べています。


要するに、まず先に韓国が財団を設立する必要がある。

もしそれが出来なければ、韓国は日本を責めることはできない。
財団が設立されれば、日本はカネを出す。

カネが出されれば約束は守られたということで、韓国は蒸し返すことができない。

こういう流れだ。
日本は悠々としていればいい。

慰安婦像の撤去についても難しいだろうが、韓国政府も、挺対協も、大々的なプロパガンダがやり難くなったというのは事実だろう。
これについても、今後の国際世論の形成が重要となる。(ぜひ政府には国家の広報機関を外務省とは別に作って欲しいものだ。)

Other Entry

Share

Follow

【慰安婦 日韓合意】会見内容、安倍首相・パククネ大統領発言、海外の反応など
この記事をお届けした「政治備忘録」の最新情報を、いいね してチェックしてね!
トップへ戻る