宮家邦彦による最近の中国外交分析 | 政治備忘録

宮家邦彦による最近の中国外交分析

Share

外交の専門家で個人的に信頼を寄せている宮家邦彦氏による、最近の中国に対する分析。

最近、中国は尖閣諸島周辺への領海侵犯を繰り返している。多くの識者が中国内部の混乱を指摘するが、その中でも宮家氏の話は具体的だ。

まず、中国外交の最近の失敗を挙げている。

【南シナ海問題】

フィリピンが中国の人工島問題を仲裁裁判所に提訴したのは2013年。昨年10月、同裁判所は中国にも配慮してか、比側主張の一部にしか管轄権を認めなかった

にもかかわらず、中国は同裁判所に一切協力せず、無視を決め込んだ

案の定、本年7月の判断では中国側主張の多くが否定された。外交的にはあまりに稚拙なやり方だ。

【日中関係】

14年11月の日中首脳会談以降も両国関係は進展していない。それどころか、最近尖閣諸島付近では中国公船・海軍艦船の活動がエスカレートしている。

こうした動きは日米同盟を一層強化させるだけなのだが、解放軍など対外強硬派は国内の国際協調を求める声など意に介さない。

【米中関係】

一連の首脳会議でオバマ大統領が習近平主席に求めたのは南シナ海の非軍事化と米私企業の知的財産権へのサイバー攻撃の中止だ。

しかし解放軍が関わるためか、習氏はゼロ回答を繰り返す

米国はサイバー戦担当の現役中国軍人を起訴し中国が造った人工島沖にイージス艦を派遣した。

【北朝鮮】

中朝間の軋轢(あつれき)が始まったのは80年代から。当時訪中した北朝鮮の金正日総書記は改革開放を始めた中国を「修正主義」と批判した。

90年代以降、金総書記は先軍政治の下で核兵器開発を始める。

中国は緩衝国家たる北朝鮮を見捨てることができない。金一族は中国外交の足元を見て生き延びたのだ。

【韓国】

一時は蜜月に見えた朴槿恵(パククネ)韓国大統領との関係も悪化しつつある。

中国が反対する中、韓国は最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の配備に踏み切った

中国は猛反発し、韓国批判キャンペーンと報復措置を打つも後の祭り。
中国が韓国に投資してきた外交的資源は無駄になった。

【台湾】

中国は馬英九前総統の台湾との関係を深めたが、今年1月の総統選で民進党・蔡英文氏の当選を阻止できなかった

ここでも中国外交は投入した資源に見合う成果を上げていない。

そのうえで、これらの失敗の裏にある原因を紐解く。

  • 今の中国には一貫した戦略に基づく外交政策につきコンセンサスがなく、政治局常務委員7人の中にも外交的知見を持つ者がいない
  • この外交的真空状態をめぐり、自薦他薦の政治プレーヤーたちは敵対者を陥れるかのように競い合うから、外交政策は場当たり的に決まる
  • 論争は恐らく重層的だ。政策面では、韜光養晦(とうこうようかい)型国際協調派と民族主義的対外強硬派が綱引きを行っている
  • 一方、権力闘争の面では、習主席の周辺で彼の仲間と政敵たちが、政策とは別の次元で綱引きを続ける。この2つは相互に関連し合う。
  • 問題は現在国際協調派の力が弱いことだ。仮に、国際協調策が進んだとしても、不満を持つ対外強硬派には、そうした流れを潰せるだけの物理的パワーがあるからだ。

最後に、日本にも同じようなことはあった。中国だって同じような状況になりかねないと結論づけている。

満州事変(昭和6年)を起こした85年前の日本にも政治の中枢に外交的真空があった。当時日本の政治指導者には現場の独断専行を制御するだけの外交的知見がなかったのだ。中国が似たような状況に陥ることはない、と誰が断言できるだろうか。

外交的真空による独断専行への警戒だ。

「話し合えば大丈夫」などと言っている人は、尖閣を奪われてみないと理解できないのだろうか。いやむしろ、中国に奪わせたほうがいいと思っている人も少なからず混じっているかもしれない。

久しぶりに先日『虎ノ門ニュース』を見ていたら、有本香氏が『欠陥現代』・・・じゃなくて『日刊現代』に掲載された、高野孟の「日中漁業協定も読まずに中国脅威論を煽る愚」という記事を紹介していた。
要するに、高野孟は「世間で中国脅威論が言われているが、こういう記事を書く人は日中漁業協定も読まずに批判しているのだろう。実際はそんなにたいした事ではないんだ」というようなことを書いている。
これに対し有本氏は、「むしろ高野孟こそ、日中漁業協定を読んでくれ」と日中漁業協定を説明した上で批判していた。

嘘がすぐバレるネット時代でもなお、こんなことを言う人がいるんですね。
(というより、責任あるはずの立場の人が平気で嘘をついて扇動する時代なんですよね。世界的に。これだけの情報化社会になっても、歴史は繰り返すのか・・・。)

いつも国内から、米中韓を擁護するような発言や、日本を貶める発言をする人が出てきて、マスコミもそっち側ばかりを嬉々として取り上げ、その結果、単純にそっちにひっぱられてしまう国、日本。残念ながら今でもその傾向は残っているようだ。よくよく警戒せねばなりませんね。

ちなみに以下のリンクは、最近の尖閣諸島周辺海域の中国の動き。‘ 中国の領有権「獲得」パターン ’ の段階もご紹介しているので、ぜひご覧下さい。

尖閣諸島周辺海域における中国公船の活動状況について(外務省プレスリリース等)
連日、沖縄県・尖閣諸島周辺の接続水域を中国海警局の公船や多数の漁船が航行し領海侵犯を繰り返している。現在の日本の動き、外務省のプレスリリース、中国側の発表や、アメリカの表明などをまとめた。


ところで宮家氏はよく「日本にだって同じようなことはあったのだ」という言い方をする。ここにカチンとくる人もいるようだが、このような表現は決して日本を下げようとしているのではない。

宮家氏は第一に日本の国益を考えているからこそ、常に国民が感情論や陰謀論に走ることを抑制しようとする。ここには常に、宮家氏の強い意志を感じる。

出典:産経新聞『宮家邦彦のWorld Watch』 2016.8.18

Other Entry



Share

Follow

宮家邦彦による最近の中国外交分析
この記事をお届けした「政治備忘録」の最新情報を、いいね してチェックしてね!
トップへ戻る