About me | 政治備忘録

About me

Share

政治備忘録

こんにちは、見習い書記の桜山苑子(サクラヤマ ソノコ)です。

ブログを見つけていただき、ありがとうございます。

このページでは、少しだけブログについてご説明しています。

このブログについてのご注意

後日、記事の修正や追記を行うことがよくあります

このブログは、記事公開の後、新たな情報を得て追記することや、後日読み直して修正することがよくあります。修正や追記を行った場合、微細な修正以外はサイドバーの「Update」に表示しています。

「最初に読んだときと違う」ということもあるかと思いますが、どうぞご了承ください。

著名人に対する発言について

わたしは、個人的に好感を持つ著名人や政治家は存在しますが、一人の意見に対してすべて賛同することは今のところありません。

ですから同じ人物に対して、ある記事では賛同し、別の記事では批判していることもあります。それは、その人物ではなく、意見への見解だからです。

属人的なブログではないため、どなたかのファンがご覧になった場合に不快に感じることがあるかもしれませんがご理解ください。

ブログ開設への思い

わたしは2009年から2012年の民主党政権時代、政治や国の行く末について深い不安と悲しみに襲われました。

幾夜も眠れぬ夜を過ごし、幾日も胃痛に苦しみました。

同じ不安に包まれた日本人はとても多いのではないかと思います。

自民党に代わる政権が民主党だったことは国民にとって不幸でしたが、それでも、わたしは自民党が下野したことに否定的な気持ちがあるわけではありません。

わたし自身は民主党に投票したことはありませんが、それでも、あの時は仕方がなかった。安倍政権人気の今でも、自民党を信頼しているわけではありません。しかし民主党はあまりに酷すぎました。経験不足を差し引いたとしても、政権が下す判断のひとつひとつ、民主党議員の言動のひとつひとつが、まるで国賊のように見え、「日本はこのまま滅び行くしかないのか」と立ちすくみました。

そして初めて、このまま平和は続くと微塵も疑うこともなく呑気に暮らしてきた自分に、強いショックを覚えました。

政治も経済もあまりに無知、無関心。決して大げさではなく、国を滅ぼす道への一翼を担っていたのは自分も同じだと痛烈に己を恥じました。

政治が悪いのも、メディアが好き放題なのも、無関心によって国民が許してきたことなのかもしれません。


素材 うさぎわたしは今でも、恥ずかしながら無知です。

しかしせめて、記録に残すべきと思うことを蓄積してゆき、選挙のときに役立てたり、判断材料の1つに使えたらいいと思い、このサイトを立ち上げました。

政治というジャンルの特性上、書いていてときどき萎えそうにもなりますが、長く続けたいと思っています。

何かのご縁でここを訪れる方がいらっしゃれば、ほんの少しでもお役にたてれば幸いです。

広告について

ご紹介している本の中には広告費を頂いているものがあり、Amazon.co.jpアソシエイトにも参加しています。その収入でサイトの運営費用を賄っています。

トップへ戻る