新聞 | 政治備忘録

新聞

新聞に関する情報、新聞から発信された情報まとめ一覧

【パナマ文書】朝日・ICIJメンバー奥山俊宏「日本政治家の名前は1件も出なかった」

パナマ文書で多くの人が知ることとなった、「国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)」。このICIJのプロジェクトメンバーに、日本からは朝日新聞社と共同通信が加わっている。そのメンバーの一人、朝日の奥山俊宏編集委員がパナマ文書やICIJ、調査経過について語った。

宮家邦彦氏が説明「高校生でも分かる新安保法制」

宮家邦彦氏なら、朝鮮戦争どころかベトナム戦争すら知らない高校生に「安保法制がなぜ今必要か」をどう説明するか。これを読むと、その周辺の議論…違憲論争や自衛隊のリスクに対する話がいかに意味のないことか。特に、自衛隊の家族に対し「リスクが高まるがどう思うか?」というような質問を繰り返し報道するのは、非常に悪質ではないか。

朝日新聞また捏造?琉球大名誉教授が朝日新聞を提訴「無断でブログを改変して記載」

朝日新聞がまたやらかした様子。今度は、人のブログを勝手に改変して掲載したようだ。しかも悪質なのは、取材もしていないのにコメントしたかのように改変し、発言していない発言者の名前を掲載。これが事実なら、明らかな捏造だ。朝日新聞は、やはり廃刊したほうがいいのではないか。主張がどうこう以前に、こんなに信頼性のない新聞社、存在の必要性を感じない。

自民党勉強会「文化芸術懇話会」百田尚樹発言批判にみるマスコミの「偏向報道の自由」

自民党若手議員の勉強会「文化芸術懇話会」における、百田尚樹氏の発言が騒ぎになっている。マスコミは百田氏の「沖縄の新聞をつぶせ」という発言ばかりを取り上げていたが、発言要旨を読めば百田氏の主な批判先は新聞ではなくテレビだ。マスコミはなぜ「電波利権」に触れなかったのか。

朝日新聞元記者 植村隆氏の「恫喝裁判では」と疑われる訴訟に、元同僚の前川惠司氏が進言

朝日新聞元記者の植村隆氏が、「捏造」と書かれて名誉を損なったとして起こしている訴訟に、朝日新聞元ソウル特派員でジャーナリストの前川惠司氏が言及した。本当の被害者は、十分な取材なしの記事を読まされた朝日新聞の読者であり、考えようによっては日韓関係だ、などと進言している。

トップへ戻る