7~9月期実質GDP、エコノミストの予測に反しマイナス成長 | 政治備忘録

7~9月期実質GDP、エコノミストの予測に反しマイナス成長

Share

内閣府が17日発表した2014年7~9月期の実質国内総生産(GDP)速報値は、物価変動の影響を除いた実質の季節調整値で前期比0.4%減年率換算で1.6%減と2四半期連続のマイナスとなった。

民間予測を大きく下回る、まさかのマイナス成長だ。

日本経済研究センターが12日に発表した、主要民間エコノミスト42人の景気予測をまとめた7~9月期の国内総生産(GDP)成長率は、実質年率の平均が2.47%との予想だった

「一体エコノミストとは何なんだろう?」

とさえ思ってしまう結果。経済専門家の無責任な発言は、政府や財務省の影をチラチラと感じてしまうことも少なくない。なるべくその発言を記録に残しておきたいと思う。

今回の結果などを踏まえ、安倍首相は2015年10月からの消費税率10%引き上げの是非を判断する。メディアではすでに「先延ばし」との記事が多いが、その報道の通りの判断をして頂けることを切に望む。しかし私がそう願うのは、自分が消費税を払いたくないからではない。よく増税派のコメンテーターや経済の専門家らしき人が「誰だって消費税は払いたくないが、国や福祉の維持のためだから上げたほうがいい」というような発言をする。まるで国民が目先のこと、自分のことだけを考えているかのような口ぶりだ。しかし、むしろこれまでの世論調査を見ると「必要なら仕方がない」という素直な反応を日本国民はしてきた。いま反対している一般市民だって、国のことを思えばこそ「まだ上げるべきではない」と考えているのかもしれないのだ。

 9月日銀短観 消費税増税 7-9月期GDP予想
(前年比年率換算)
みずほ総研
高田 創
チーフエコノミスト
円安もあり、
大企業製造業は
予想以上の改善
 ○  4.7%
野村證券
木下 智夫
チーフエコノミスト
設備投資に
前向きなスタンスが明確に
 ○  3.6%
大和総研
熊谷 亮丸
チーフエコノミスト
企業の慎重姿勢を再確認  ○  3.1%
日本総研
高橋 進
理事長
反動減からの回復が
遅れているが
改善基調は崩れていない
判断は時期尚早  3.4%
SMBC日興証券
牧野 潤一
チーフエコノミスト
海外での生産・販売で
明暗が分かれた
7-9月期GDPマイナスなら
先送り
 2.4%

 ワールドビジネスサテライト テレビ東京より

Other Entry



Share

Follow

7~9月期実質GDP、エコノミストの予測に反しマイナス成長
この記事をお届けした「政治備忘録」の最新情報を、いいね してチェックしてね!
トップへ戻る