橋下徹「年内に新党結成」大阪維新の会を国政政党へ | 政治備忘録

橋下徹「年内に新党結成」大阪維新の会を国政政党へ

Share

150828 「大阪維新の会」全体会議の冒頭での挨拶を終えた松井一郎幹事長(左)に拍手する橋下徹代表=28日午後、大阪府枚方市

橋下徹代表(大阪市長)が、「大阪維新の会で国政政党をやる。国政で第三極になるように年内に道筋をつけたい」と述べ、大阪維新の会をベースに新党を設立することに言及。

大阪府枚方市内で開かれた「大阪維新の会」全体会議(28日夜)の出席者の発言で明かされた。
なお、任期満了後の橋下氏自身の政界引退については撤回していない。

大阪維新の会

大阪の地方議員約140人と、衆参両院の国会議員計12人が所属。

この12人は上部組織の国政政党「維新の党」にも所属しているため、大阪維新の国政政党化には設立要件である5人以上が離党手続きをして、新党に参加する必要がある

橋下・松井両氏は『維新の党』離党時、「党を割るつもりではない」と説明していたが

橋下徹氏と松井一郎幹事長(大阪府知事)は、維新の党の柿沢未途幹事長の山形市長選の対応に端を発した内紛を受ける形で、「国政政党から離れ、大阪の地方政治に軸足を移す」として27日に維新の党を離党したばかり。

離党に当たり、11月22日投開票の大阪府・市ダブル選挙に集中すると説明、維新幹部には「即、党を割るなどせず、安全保障関連法案審議に集中してほしい」と伝えていた

橋下徹氏、全体会議での発言

党を割らないが、党を入れ替えようと思う。
大阪維新の会で国政政党をやる。
国政で第三極になるように年内には道筋を付けたい
大阪維新を国政化すれば、全国に候補を出すことができる
維新の党から比例代表で当選した人はもう当選させない。次の衆院選ではみんな落選してもらう。
今度は大阪維新というブランドでしっかりした野党をつくる。

『維新の党』の代表選について

「維新の党の枠組みの中で主導権争いをやったって意味がない」

11月1日に予定される『維新の党』の代表選に大阪系の候補を出馬させず、たもとを分かつ立場を鮮明にした。

府知事、市長のダブル選挙について(11月22日投開票)

「絶対に勝たなければいけない。これから候補者選定に入る」

新党設立の目的

「大阪を本気で(東京と並ぶ)二極にしていこうと思えば、政治力を持っておかないといけない」
「(大阪維新を)国全体でもブランド化して、大阪の政治を動かしていく」

橋下徹氏に近い衆院議員の発言

29日、自身を含む維新の大阪系議員十数人の動向について、取材に対し「当然、全員ついていく」と明言。

別の複数の衆院議員も「維新の党は仮の姿の暫定政党だった。いよいよ本物の政党をつくる」などと語り、新党に移る考えを示した。

出典・参考文献:産経新聞、時事通信 15.08.29

Other Entry

Share

Follow

橋下徹「年内に新党結成」大阪維新の会を国政政党へ
この記事をお届けした「政治備忘録」の最新情報を、いいね してチェックしてね!
トップへ戻る