北海道5区補選、野党共闘は善戦なんかしていない | 政治備忘録

北海道5区補選、野党共闘は善戦なんかしていない

Share

和田義明

池田真紀

今夏参院選の前哨戦と言われた北海道5区補選は、24日投開票された。

結果は、自民党新人の和田義明氏が野党共闘候補の池田真紀氏に1万2千票以上の差をつけ勝利。

これをメディアや野党やそれを応援する人達は、「負けたが善戦した」、「肉薄した」、「ある程度の成功を収めた」、「共産アレルギーは払拭された」などと言ってるんですが・・・。

え?どこが?

自民・非自民の投票数、前回との比較

まず、以下の表を見て欲しい。
これは、今回と前回の自民・非自民の投票数を比べたものだ。

自民 非自民 惜敗率
今回 2016年補選
投票率
57・63%
和田義明 135,842 池田真紀 123,517 90・9%
前回 2014年衆院選
投票率
58・43%
町村信孝 131,397 勝部賢志(民主)
鈴木龍次(共産)
94,975
31,523
96・3%
126,498
REFERENCE
2016年補選

和田義明(自由民主党):公明党、日本のこころを大切にする党、新党大地推薦
池田真紀(無所属):民進党、日本共産党、社会民主党、生活の党推薦

2014年衆院選

町村信孝(自由民主党):公明党推薦
勝部賢志(民主党)
鈴木龍次(日本共産党)

この表を見て分かることは以下の通り。

前回より、自民党票が 4,445票 増えている
前回より、非自民票が 2,981票 減っている
前回より、惜敗率が 5・4% 下がっている

数字を見て言えることは、以上。

1万2千票以上の差をつけ、和田義明氏が勝利したのだ。

池田真紀氏は選挙の結果を受け「権力に負けた」と言ったが、これは ‘ いかにも ’ な言葉ではないか。

民主主義における「負け」を素直に認める。
現実を受け止める。
事実をそのまま分析する。

野党や野党を応援する人達は、何に関してもこうした作業をしない。特に共産党がそうだ。
だから議論にならない、野党の役割を果たせない。そして国民の信頼を得られない。

わたしは決して、単に野党を批判したいのではない。
議論ができる野党の存在が必要だと考えている。

無理やりひねくり回して「それでも善戦したのだ」などと言う野党やメディアや評論家・・・わたしは失笑してしまうのだが、応援した市民の人たちはこの言葉に納得するのだろうか?

納得できるのだとしたら、ある種そのポジティブ・シンキングを見習いたいが、わたしなら小手先の誤魔化しに聞こえ「馬鹿にするな」と言いたくなる。

Other Entry

Share

Follow

北海道5区補選、野党共闘は善戦なんかしていない
この記事をお届けした「政治備忘録」の最新情報を、いいね してチェックしてね!
トップへ戻る