3・11 東日本大震災から6年。現在も2553名行方不明 | 政治備忘録

3・11 東日本大震災から6年。いまも2561名行方不明

Share

東日本大震災から6年。
なお2561人が行方不明のままです。

政府主催の追悼式のほか、全国各地の慰霊行事では、午後2時46分の発生時刻に合わせて犠牲者へ鎮魂の祈りがささげられます。

東日本大震災

平成23年3月11日午後2時46分
震源地 三陸沖
規模 マグニチュード9・0
最大頻度 7(宮城県栗原市)
津波 最大波高9・3以上(福島県相馬市)
余震 (震度1以上)1万2865回(29年3月7日0時時点)
死者 1万5893人(28年3月10日時点 1万5894人)
行方不明者 2553人(28年3月10日時点 2561人)
現在の避難者数 約12万3000人(28年3月 約17万4000人)

出典:気象庁警察庁

この日わたしは、ニュースを見ることができませんでした。
今でも強い覚悟を持たなければ、当事の様子を見ることができません。

こんなわたしが書いていいのか分かりませんが、福島を始めとする東日本大震災は、決して被災地だけの問題ではなく、日本全体の問題だということ。

未だに続く、被災者をいじめたり、貶めたりするような発言には、言葉に言い尽くせない怒りを覚えます。

また、「放射脳」という言葉。

今では様々な情報が揃ってきましたが、当時、放射能に対して大きな不安と疑念を持つ人がいたことは、至極当然のこと。
その一方で、被災地や国のことを思えばこそ「放射脳」という言葉を遣って批判する人の気持ちも理解できなくはない。

それもこれも、当事の 政府の発表が何一つ国民に寄り添ったものではなかった ということが、一番の問題だった。

政府の発表が信じられないから、不安になる。安全が明確でないものは遠ざける。
生きるためには当然のことだったでしょう。

いかなるときも、国民の生命を守る政府であって欲しいものです。

Other Entry

Share

Follow

3・11 東日本大震災から6年。いまも2561名行方不明
この記事をお届けした「政治備忘録」の最新情報を、いいね してチェックしてね!
トップへ戻る