フジロックにSEALDs奥田愛基出演への批判、若者が馬鹿なのか | 政治備忘録

フジロックにSEALDs奥田愛基出演への批判、若者が馬鹿なのか

Share

金曜から今日まで開催されている、野外音楽イベント「フジロック・フェスティバル’16」に学生団体 SEALDs(シールズ)の奥田愛基氏が出演するというんで、ネットでは賛否両論が湧き起こった。

そんな中、6月24日放送の『荒川強啓 デイ・キャッチ!』に出演した宮台真司が「フジロックのSEALDs奥田愛基氏出演で考える、音楽と政治」と題して、いつものように回りくどい上辺だけの発言をしていた。内容は以下の通り。

宮台真司の見解

昔からやってるよ。馬鹿じゃないの。

まず結論から言うと、若い世代の知的な劣化と感情の劣化の両方を現していますよねぇ。

(奥田さんの出演は)特別な意味はないです。
ロックフェスにはトークイベントが付き物で、トークイベントでは、たとえば原発の事故があったときにはね、原発問題に関するトークをしていたりっていうのは当たり前のことで、ロックっていうのはもともとね、そのルーツがプロテストソングであったり、あるいは反戦平和を訴えるラブ&ピースのような新しい価値を訴えるほうにポイントがあって、非常に政治的なムーブメントと結びついていたという歴史があるのでね、少しでも歴史を知っていれば、例えばね、ロックってどこから始まったのか知っているだろうか。楽器を持ってる奴がみんなヴォーカルで演奏するっていうのは、ビートルズが始めたんですね。

で、ビートルズはボブ・ディランに影響を受けて、ほどなくラブソングをやめて、抽象的な、あるいはよく分からない歌詞、あるいは活動としての反戦平和運動に連なるような歌詞っていうふうにシフトしていって、それが大きなムーブメントを生み出したでしょ。

むしろ、ロックから政治が脱落していった歴史がロックの頽落の歴史なんだっていうことを知らない馬鹿が五万と若い奴にいるということが問題なんだよね。

(以下、ロックや日本音楽の説明が続く)

出典:荒川強啓 デイ・キャッチ! 16.06.24放送

これを聞いて、

「なーんか違う。ズレてる。そこじゃない」

という強い感覚あった。

しかし、それほど関心がなかったため忘れていたのだが、昨日モーリーの呟きを見て、わたしがその時感じたモヤモヤはこれが原因だったと理解した。

モーリー・ロバートソンの見解

呟きを沢山並べてしまったが、まさにこれなのだ。

両者の違い

宮台真司は、

ロックから政治が脱落していった歴史がロックの頽落の歴史なんだっていうことを知らない馬鹿が五万と若い奴にいるということが問題なんだよね。

と言い、
モーリー・ロバートソンは、

ぼくに言わせれば、フジロックというフェスがすでに本質的にロックとは呼べない。
「アベ政治」と戦うことは、そもそも知的な怠慢である。

と言った。

宮台真司は、「ロックの歴史を知らない若者が馬鹿」と言い、
モーリーは、「フジロックがすでに本質的にロックじゃないし、『アベ政治』と闘うことは知的じゃない」と言っているのだ。
これって、方向性が真逆ですよね。

宮台真司の意見は、ロックの歴史を語りそれを知らない若者が馬鹿だと罵るのみで、現在の時代の背景やなぜ若者がそんな声を上げたのかに対して冷淡だ(これが社会学者か・・・)。しかしモーリーの意見には現在における分析が加味され、アベ政治と闘ったところで知的じゃないぞと断じている。

わたしはこの件に関して、モーリーの意見に共感する。

・・・と、若者でもないおじさんとわたしが若者について考えを巡らせているわけですが、フジロックに参加する若者は、奥田愛基氏にロックを感じていないし、そもそも宮台真司が言う本来のロックなど求めていないのではないかと想像するのです。

何事も歴史を知ることは有意義だし学ぶことも多いけど、当の若者は今に生きているわけでそんなの知ったこっちゃないし、原理主義のように守る必要もない。多様な意見があるのは当然のこと。
そうやって時代の変化と共に新たな文化が生まれるのだと思います。

それを若者は馬鹿だと断定し、現在の分析を行うこともなく歴史を押し付けようとするなんて、わたしから見るともはや老害です。

Other Entry

Share

Follow

フジロックにSEALDs奥田愛基出演への批判、若者が馬鹿なのか
この記事をお届けした「政治備忘録」の最新情報を、いいね してチェックしてね!

Comment

  1. ロックファン より:

    ロック左翼みたいなのって「勉強してこなかった大人が突然ハシカにかかった」みたいな陳腐な重症さがある。
    みんなが長年考えた結果落ち着かせた事やなんかを、自分だけが見つけた気になって大騒ぎしている感じ。
    私が中学生や高校生あたりで通った思考をなぞってたりする大人も居て、なんとなく寒カユい気分になる。

    まあ別に、いつ、何に出会おうと、そんなのは運命というか、自由に生きた結果だし、どうでもいいんだけど。

    問題は、若い頃には素直な方向転換がしやすいけれど、大人になってからだと社会人としてのプライドや何か余計な大人の意地が逆作用してどんどんおかしな方向に行ってしまうという事。

    しかもネットに親和性の高い若い世代はなんだかんだで正確な情報に触れやすいのに対し、中年になると機械に弱かったりネットを忌避したりして、ある意味情報がガラパゴス化しやすい傾向もあったりする。

    しかも音楽を作ったり忙しくしていれば、なおさら情報処理にかける時間もないだろう。

    中年のミュージシャンの皆さんにはぜひ気を付けていただきたいものである。

    • 見習い書記 桜山苑子 見習い書記 桜山苑子 より:

      本当に、長い時間の中で人々が決着させてきたことを、ことさら騒ぐというのはあるかもしれませんね。
      しかも、ただ一つの正義であるかのように振りかざしてしまうから、議論にならない。

      それと、オトナになると頭が固くなるというのは、つくづくそう感じます。
      頑なに考えを変えられない場合には、プライドや嫉妬が奥深くに潜んでいる場合も。

      思考の硬化は、自分自身も常に戒めなければならないと思っていることでもあります。
      知らず知らず、思考が固まっていることがあるんですよね。気を付けても、気を付けても、気づけばそうなっていることがある。
      老化かなw
      柔軟性を保つのは意識していてもなかなか難しいことのように感じていますが、常に自分自身をチェックして新たな情報を学びたいと思います。

トップへ戻る