米朝首脳会談 トランプ大統領 金正恩委員長 共同声明

【米朝首脳会談】トランプ大統領・金正恩委員長共同声明<全文 英語・日本語>

トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩国務委員長は2018年6月12日、初の首脳会談をシンガポールで開催しました。

共同声明全文は以下の通り。


トランプ・金正恩 共同声明

米朝首脳会談 トランプ大統領 金正恩委員長 共同声明

英語

Joint Statement of President Donald J. Trump of the United States of America and Chairman Kim Jong Un of the Democratic People’s Republic of Korea at the Singapore Summit

President Donald J. Trump of the United States of America and Chairman Kim Jong Un of the State Affairs Commission of the Democratic People’s Republic of Korea (DPRK) held a first, historic summit in Singapore on June 12, 2018.

President Trump and Chairman Kim Jong Un conducted a comprehensive, in-depth, and sincere exchange of opinions on the issues related to the establishment of new U.S.-DPRK relations and the building of a lasting and robust peace regime on the Korean Peninsula. President Trump committed to provide security guarantees to the DPRK, and Chairman Kim Jong Un reaffirmed his firm and unwavering commitment to complete denuclearization of the Korean Peninsula.

Convinced that the establishment of new U.S.-DPRK relations will contribute to the peace and prosperity of the Korean Peninsula and of the world, and recognizing that mutual confidence building can promote the denuclearization of the Korean Peninsula, President Trump and Chairman Kim Jong Un state the following:

1. The United States and the DPRK commit to establish new U.S.-DPRK relations in accordance with the desire of the peoples of the two countries for peace and prosperity.

2. The United States and the DPRK will join their efforts to build a lasting and stable peace regime on the Korean Peninsula.

3. Reaffirming the April 27, 2018 Panmunjom Declaration, the DPRK commits to work toward complete denuclearization of the Korean Peninsula.

4. The United States and the DPRK commit to recovering POW/MIA remains, including the immediate repatriation of those already identified.

Having acknowledged that the U.S.-DPRK summit—the first in history—was an epochal event of great significance in overcoming decades of tensions and hostilities between the two countries and for the opening up of a new future, President Trump and Chairman Kim Jong Un commit to implement the stipulations in this joint statement fully and expeditiously. The United States and the DPRK commit to hold follow-on negotiations, led by the U.S. Secretary of State, Mike Pompeo, and a relevant high-level DPRK official, at the earliest possible date, to implement the outcomes of the U.S.-DPRK summit.

President Donald J. Trump of the United States of America and Chairman Kim Jong Un of the State Affairs Commission of the Democratic People’s Republic of Korea have committed to cooperate for the development of new U.S.-DPRK relations and for the promotion of peace, prosperity, and security of the Korean Peninsula and of the world.

[signature] DONALD J. TRUMP
President of the United States of America [signature] KIM JONG UN
Chairman of the State Affairs Commission of the Democratic People’s Republic of Korea

June 12, 2018
Sentosa Island
Singapore

日本語

米国のドナルド・トランプ大統領と北朝鮮の金正恩委員長のシンガポール会談での共同声明

トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩国務委員長は、初の歴史的な首脳会談を2018年6月12日、シンガポールで開催した。

トランプ大統領と金正恩委員長は新たな米朝関係の樹立と、朝鮮半島での恒久的で強力な平和体制を構築することについての問題に、包括的で詳細かつ誠実な意見交換を行った。トランプ大統領は北朝鮮に安全の保証を与えると約束し、金正恩委員長は朝鮮半島の非核化を完結するための固く揺るぎない約束を再確認した。

新たな米朝関係の樹立は朝鮮半島と世界の平和と繁栄に寄与すると確信するとともに、相互の信頼醸成が朝鮮半島の非核化を促進できると認識し、トランプ大統領と金正恩委員長は次のように宣言する。

(1)米国と北朝鮮は、平和と繁栄を求める両国民の希望通りに、新たな米朝関係の構築に向けて取り組む。

(2)米国と北朝鮮は、朝鮮半島での恒久的で安定的な平和体制の構築に向け、力を合わせる。

(3)北朝鮮は、2018年4月27日の「板門店(パンムンジョム)宣言」を再確認し、朝鮮半島の完全な非核化に向け取り組む。

(4)米国と北朝鮮は、戦争捕虜、戦闘時行方不明兵の遺骨の回収、すでに身元が判明している分の即時引き渡しに取り組む。

トランプ大統領と金委員長は、史上初の米朝首脳会談が、重要な意味を持ち、両国間の数十年に及ぶ緊張と敵対を乗り越えて新たな未来を開く画期的な出来事であったと認識し、この共同声明の諸条項を全面的かつ迅速に履行するよう努める。米国と北朝鮮は、米朝首脳会談の成果を履行するため、ポンペオ米国務長官と北朝鮮側の対応する高官の主導による後続交渉を可能な限り早期に開催するよう努める。

トランプ大統領と金委員長は、新たな米朝関係の発展と、朝鮮半島と世界の平和、繁栄、安全の促進に向け協力すると約束した。

2018年6月12日

セントーサ島 シンガポール

トランプ大統領記者会見ポイント

ひがくぼきみお氏が非常に簡潔にまとめておられるので、ご紹介します。

以下、特にポイントとなりそうな箇所を抜粋させて頂きました。

金正恩委員長は朝鮮半島の非核化に合意した
制裁を当面は続ける
3.2万の在韓米軍を減らすことは考えてない
CVIDを朝鮮半島で実行していく合意だ
・朝鮮戦争の遺骨回収に金正恩委員長は合意した
・いずれは平壌を訪れたい
・適切な時に金委員長をホワイトハウスに招く
拉致問題は日本の安倍総理が重要と考えており今回の合意に含まれていないが提起した
・完全な非核化には時間が必要
非核化が第1だが人権問題も多く話した
・核の問題が重要でなくなったら制裁について考える
・ミサイル試験場も閉鎖すると北朝鮮は言った
時間がなく今回合意できなかった部分は多い
北朝鮮の核保有は受け入れられない
・ポンペイオ国務長官が来週にでも会う予定
人権問題で進展あると思う
・非核化は15年もかからず早くできる
・北朝鮮の核兵器数は掴んでる
・次の米朝首脳会談を早く行いたい
・文在寅大統領に合意文書を送り報告済

また、ここには挙げられていませんが、米韓合同演習の中止にも言及しています。コスト面と、挑発的だからという理由で。

安倍首相発言「拉致問題言及、高く評価。トランプ大統領に感謝したい」

安倍晋三首相が12日午後、米朝首脳会談に関し首相官邸で記者団に語った内容は以下の通り。

--米朝首脳会談の結果をどう受け止めるか

「米朝首脳会談に至るまでのトランプ大統領のリーダーシップと努力に対して、心から敬意を表したい。今回の米朝首脳会談において、朝鮮半島の完全な非核化に向けた金正恩朝鮮労働党委員長の意思を改めて文書の形で確認したことを、北朝鮮をめぐる諸懸案の包括的な解決に向けた一歩と支持する」

「そして、私たちにとって、日本にとって重要な、大切な拉致問題について先般、トランプ大統領に対して私から話したことをしっかりと言及していただいたことを高く評価する。拉致問題について明確に提起していただいたことについて、トランプ大統領に感謝したい。詳細については、トランプ大統領と電話で話し、うかがいたい」

「今後も拉致、核、ミサイルといった北朝鮮をめぐる諸懸案の解決を目指し、日米で、日米韓で、また中国、ロシア、国際社会としっかりと連携しながら全力を尽くしていきたいと考えている。もちろん、拉致問題については、日本が直接しっかりと北朝鮮と向き合い、二国間で解決していかなければならないと決意をしている」

--拉致問題について合意文書では触れられていないがどうか。

合意文書については、米側から説明がすでにあった通りだ。しかし、拉致問題について、最終的に解決をしていくのはまさに日本の責任において、二国間の問題として日朝で交渉しなければならない問題だ」

「その意味において、まずはトランプ大統領が直接、金正恩委員長に、この問題を解決すべく、解決する必要性について言及した、提起した。これは初めてのことだ。米国の大統領が金正恩委員長に対して明確に言及したということは初めてのことであり、今後、日本としてしっかりとこの問題について全力を尽くしていく。そして日本と北朝鮮との間で解決をしなければならない問題だろうと考えている」

出典:産経新聞ロイター

合わせて読みたい