松茸不正輸入「朝鮮総連トップ次男ら逮捕」事件の概要と岸田外務大臣会見<全文・動画> | 政治備忘録

松茸不正輸入「朝鮮総連トップ次男ら逮捕」事件の概要と岸田外務大臣会見<全文・動画>

Share

2015.05.14 参考記事追記

北朝鮮産のマツタケの不正輸入事件で、朝鮮総連トップ、許宗萬議長の次男が逮捕された。これはもちろん法と証拠に基づく動きだが、拉致問題解決に向けた圧力と言ってよいと思う。
参考記事自民党、北朝鮮制裁強化の検討プロジェクトチーム発足

このことを受け、岸田外務大臣が会見で記者の質問に答えたので、その全文と動画を掲載する。
不正輸入事件の概要も記載した。

北朝鮮による日本人拉致事件の経緯は、あまりにもひどい。ご家族は、北朝鮮の誠意のない報告や嘘、国内の政治にさえも振り回されてきたことと思う。何度裏切られたことか。

今回の捜査では、許父子が極秘に本国の工作機関に宛てた内部資料も押収されている。一刻も早く日本人拉致事件が解決に向かうことを、切に願う。

岸田外務大臣会見

平成27年5月12日(火曜日)8時48分
於:官邸エントランスホール

北朝鮮松茸の不正輸入

【TBS 深井記者】

今朝ですね,朝鮮総連の許宗萬(ホ・ジョンマン)議長の次男らが外為法違反で逮捕されましたけども,日朝協議に与える影響をどのように考えておられますか

【岸田外務大臣】

ご指摘の件につきましては,本日警察におきまして,北朝鮮から松茸を不正に輸入したとして被疑者3人を逮捕したものであると承知をしております。警察においては,法と証拠に基づいて捜査を進めているものと承知をしております。
そして日朝関係に対する影響というご質問ですが,ご指摘の点につきましては警察において,法と証拠に基づいて捜査をしているものであり,一方,日朝関係については,我が国は(昨年)5月の日朝合意に基づいて誠実に対応しております
是非,北朝鮮側にも日朝合意に基づいて,特別調査委員会における調査を迅速に行い,そして速やかに正直に通報してくることを求めたいと思います。

【TBS 深井記者】

前回の3月の議長の自宅の家宅捜索の際に,北朝鮮側が反発をしておりまして,今回も一層反発を強めてくる可能性もありますけれども,政府として,この日朝協議が暗礁に乗り上げてしまうのではないかという懸念をお持ちではないでしょうか

【岸田外務大臣】

警察は法と証拠に基づいて捜査を進めていると承知をしております。一方,日朝関係につきましては,先ほど申し上げましたように,(昨年)5月の日朝合意に基づいてしっかりと物事を進めていかなければなりません。
我が国はしっかり対応していきます。北朝鮮にも対応を求めます。その方針は,全く変わりはありません。

CV-22オスプレイの横田飛行場配備

【TBS 深井記者】

続きまして,横田基地へのオスプレイ配備ですけれども,オスプレイに関しては,開発段階から安全性等に不安視される声もありますけれども,また,住民の中にも心配する声も上がっているかと思うのですけれども,政府としてどのように対処し,説明していくお考えでしょうか

【岸田外務大臣】

まず,ご指摘のCV-22オスプレイの配備につきましては,米国側から接受国通報があり,米国側が公表したということと承知をしております。
そして,まず,この配備につきましては,日米同盟の抑止力,あるいは対処力を向上させることにつながり,またアジア太平洋地域の平和や安定にも資するものであると考えておりますが,ただ周辺の自治体等に対しましては,政府として丁寧に説明を行い,そして理解を得るべく,引き続き努力をしていかなければならないと思います。

ケリー米国務長官の訪露

【テレビ朝日 藤川記者】

アメリカのケリー国務長官がロシアを訪問してプーチン大統領,ラヴロフ外相らと会談するということなんですけれども,この件についての受け止めと,岸田大臣ご自身のロシア訪問については,どのように調整されているかということをお聞かせ下さい。

【岸田外務大臣】

ケリー長官のロシア訪問ですが,米露間における対話というのはウクライナ問題を平和的・外交的に解決するという点などにおいても重要であると考えます。こうした対話は注視していきたいと思います。
その上で,日本の外務大臣訪露についてですが,これについては今後様々な状況を勘案し,総合的に判断していくべきものであると考えます。現時点ではなにもまだ決まっておりません

大臣の在任期間(戦後第10位)

【読売新聞 仲川記者】

金曜日の閣議後の会見でも同じような質問がありましたけれど,明日で外相就任連続日数が歴代10位になるということですが,これまでの歩みを振り返るとともに,今後どういうことを更に取り組んでいきたいかをお聞かせ願えますか

【岸田外務大臣】

外相としての取り組みについては,原点を忘れることなく,引き続き努力を続けなければならないと思います。就任以来,外交の三本柱を掲げて,外交に取り組んできました
この三本柱を中心に,是非しっかりと毎日毎日努力を続け実績を積み重ねていきたいと考えています。

出典:外務省

松茸の不正輸入、事件の概要

● 北朝鮮産のマツタケの不正輸入事件で、京都府警と神奈川、島根、山口県警の合同捜査本部は12日、外為法違反の疑いで、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)トップ、許宗萬(ホ・ジョンマン)議長の次男許政道(ジョンド)容疑者(50)=東京都足立区=ら3人を逮捕。
政道容疑者は「不当逮捕なので一切協力はしません」と容疑を否認、ほかの2人も否認。

ほかに逮捕されたのは、朝鮮総連傘下の貿易会社「朝鮮特産物販売 (下記参照) 」社長、金勇祚(キム・ヨンジョ)容疑者(70)=東京都八王子市=と、同社の元社員で食品商社「サンダイム」社長、山中和秀容疑者(63)=埼玉県草加市。

● 関係先として3月に宗萬氏宅などを家宅捜索

● 北朝鮮は強く反発し、4月には日本人拉致被害者らの再調査をめぐる日朝協議の中断を示唆する通知文を日本政府に送り付けた。トップの息子逮捕と傘下企業への本格捜査という新たな展開に、朝鮮総連と北朝鮮が反発を強めるのは必至だ。

● 捜査本部は同日、政道容疑者の自宅朝鮮特産物販売が実質的に入居する関連会社など7カ所の家宅捜索にも入った。

● 逮捕容疑は、政道容疑者らは共謀し、平成22年9月27日、制裁で輸入が禁止されている北朝鮮産のマツタケ約1800キロ(輸入申告価格約450万円)を中国産と偽り、中国経由で不正に輸入したとしている。

● 捜査本部は3月26日に、東京の貿易会社「東方」社長、李東徹被告(61)ら2被告=いずれも外為法違反罪で起訴=を逮捕政道容疑者も不正輸入に関わったとみて裏付けを進めていた

● 捜査本部はこれまでの捜索で、正規ルートとは別に、許父子が極秘に本国の工作機関に宛てた内部資料も押収不正輸入には、朝鮮総連が組織的に関与していた可能性が高いとみて捜査する方針。

朝鮮特産物販売とは

朝鮮総連の関連企業。1969年に設立され、マツタケなどの食品を輸入してきた。取扱量が国内最多だった時期もあるという。しかし、日本政府は06年、核実験などを理由に北朝鮮からの輸入を全面的に禁じた。3月の捜索後、許議長は「朝鮮総連に対する政治弾圧だ」と反発していた。

参考文献:産経新聞 朝日新聞 2015.5.12

Other Entry

Share

Follow

松茸不正輸入「朝鮮総連トップ次男ら逮捕」事件の概要と岸田外務大臣会見<全文・動画>
この記事をお届けした「政治備忘録」の最新情報を、いいね してチェックしてね!
トップへ戻る