慰安婦問題日韓合意 安倍首相「海外報道の誤った誹謗中傷、事実でないと示す」 | 政治備忘録

慰安婦問題日韓合意 安倍首相「海外報道の誤った誹謗中傷、政府として事実でないと示す」

Share

昨年末の慰安婦問題を巡る日韓合意で、様々な立場の人が、様々な場所で、様々な反応をしている。
今度のことを通して、公で発言する論者の本質的な部分や考え方を垣間見たような気がした。このような大事のときに人間性が出るものだ。

わたしのような、専門家でも頭がいいわけでもない立場の人間が何を発言しても「お前は黙ってろ」という感じではあるが、それでもわたしなりの意見はある。
現にいま国家という枠組みがある以上、国の名誉は大切だ。それは、それぞれの立場で努力し合って絶対に守り続けたいものだ。
しかし外交も大事だ。そもそも、国の安全や国益が守られねば、国の名誉も何も守れるわけがない。

それは結局、すべて自国の思い通りにいくわけではないことを意味し、どこで妥協し結果的に国益につなげるのかという話であり、これは誰もが認めることだと思う。

先の合意を「日本の名誉を汚すのか!」「危機的な情況だ!」と騒ぎ立てる著名人がいる。
では他にどうすることができたと言うのだろう。

何と言っても世界情勢が非常に悪い。このまま静かに収まるということは、まずないだろう。
日本周辺でも、朝鮮半島の緊張(しかも北朝鮮は、実はかつてないほど経済的に潤い、以前ほど国際的に孤立していないという)、そして中国の動きなどを見れば、安全保障的にどこかで韓国と手を打つべきなのだ。それは「韓国が嫌い」というようなことを言っている状況ではない(確かに大嫌いだし関わりたくないが)。

そしてもはや、「アメリカから圧力があったから合意したんだ!」というような次元ではなくなっているとわたしは思う。

実際の合意の際には互いの「現在の現実的な」国内情勢を見て、決断するしかない部分がある。
そもそも、証拠資料も信頼に足る証言もないまま慰安婦募集の強制性を認めた「河野談話」が悪かった。
しかし、言ってしまったことを引っ込めることが現実的にできるだろうか。

今の時点で引っ込めるようなことをすれば、これは韓国だけでなく各国から非難されるだろう。日本が過去を修正する動きをすれば都合の悪い国が多いし、他国にはこの複雑な状況がまず理解できないし、多くは理解しようとも思わない。
現実的に、今の時点では継承する以外になかった。あるいは先延ばしにする以外、現実的に何ができたのか。

そのうえで、「日韓間の財産・請求権の問題は最終的かつ完全に解決済み」であることを確認し、「最終的かつ不可逆的に解決した」と会見で言わせ、韓国政府に財団を設立させることにした。アメリカの要請もあり、それは世界に報道された。そして、諸外国からこれを歓迎する発言が寄せられた。
これが日本政府、安倍政権がやったことだ。

そうするとまた「海外で日本人が悪者で報道されてるー!」と大騒ぎする論者がいる。気持ちは分かるがほんとうに面倒な人だなと思う。この手の人は、善意で国益を損なう。

わたしは、日韓合意の翌日このブログで、

1 歴史家の立場からは批判が出て当然だが、外交としては勝利した。
2 その上で、専門家や市民レベルで、正しい歴史を述べ続けなければならない。

という意見を述べた。それは基本的に今も変わらない。

しかし、2は少し状況が変わった。
なぜなら、わたしがこれを書いた理由は、今後は国としての対応が難しくなると危惧したからだ。この問題は専門家や市民レベルに降ろされたと思っていた。

しかし以下の通り、政府として今後も誤りや嘘は適宜対応することが明言された。

安倍首相「慰安婦問題をめぐる誹謗中傷は事実ではないと示す」

1月18日参院予算委員会で、慰安婦問題をめぐる昨年末の日韓合意について、日本のこころを大切にする党の中山恭子代表の質問に答えた。
以下、中山恭子代表、安倍首相、岸田外務大臣の発言をもとにまとめた。

この記事の、3つのポイント

政府として、海外の「性奴隷」、慰安婦の数などの誤った誹謗中傷は、事実でないと示す。
軍の関与については「衛生管理も含め、管理、設置に関与した」
慰安婦の募集については軍の要請を受けた業者が主にこれにあたった

参院予算委員会における、安倍首相・中山恭子代表・岸田外務大臣の発言

安倍晋三首相

一部海外メディアが慰安婦を「性奴隷」と報じ続けていることに関し、「海外プレスを含め、正しくない誹謗(ひぼう)中傷があることは事実だ。性奴隷、あるいは(慰安婦の数が)20万人といった事実はない。政府として、それは事実ではないと、しっかりと示していく」と述べた。

日韓合意で日本側が認めた「軍の関与」については「衛生管理も含め、管理、設置に関与した」と述べた。

日本のこころを大切にする党の中山恭子代表

「日本が軍の関与を認めたことで、海外メディアで日本は恐ろしい国だ、と。日本人はニコニコしているが、本性はけだものであり、残虐だと。世界の人々の見方が取り返しのつかないものになっている」と懸念を示した。

岸田文雄外相

海外メディア、欧米主要国でも日韓関係の改善は高く評価している」と述べた。

その上で、「不適切な表現、事実に基づかない表現が散見される。不適切な記述はしっかりと申し入れを行い、わが国の立場、事実については国際社会にしっかりと明らかにしていく」と述べた。

中山恭子代表

これから生きる子供たちに謝罪を続ける残酷な運命を追わせたのではないか。首相はどう流れを払拭するのか」と迫った。

安倍晋三首相

慰安所は当時の軍当局の要請により設営されたこと、慰安所の設置、管理、移送について、旧日本軍が直接あるいは間接的に関与したこと、慰安婦の募集については軍の要請を受けた業者が主にこれにあたったことは、従来述べてきた通りだ」と強調。

私は、私たちの子や孫、そしてその先の世代の子供たちに謝罪し続ける宿命を背負わせてはいけないと考え、その決意を実行に移すために決断した」と述べた。

中山恭子代表

少しホッとしている。政府はぜひ、力を入れて、国を挙げて日本の名誉を守っていただきたい」と注文を付けた。

参考文献:産経新聞 2016.1.18 17:09

中山代表と同じように、わたしも少しホッとした。今後も国家として対応できるのだと。

また、改めて国家としての広報機関、情報機関を、本当に国益の為に機能する組織として作って欲しいと願う。

関連記事慰安婦問題 日韓合意については以下をご覧ください。

【慰安婦 日韓合意】会見内容、安倍首相・パククネ大統領発言、海外の反応など
日韓両外相共同記者発表全文、日韓首脳電話会談概要、安倍首相発言全文、パク・クネ大統領発言、アメリカ政府声明、海外首脳の反応、海外の報道などをまとめました。


ちなみに、日韓合意で韓国側が要望したとみられる事柄は以下の3つ。

参考:日韓合意、韓国側の3つの要件

日本軍の関与を確実に明らかにすること
日本政府の次元での公式な謝罪がなければならない
日本政府の資金で被害補償をせねばならない

これを見れば、どのような交渉が行われたのかある程度の推測ができると思う。

関連記事この韓国側の要望については、以下の記事で述べられています。

朴槿恵大統領 国民向け談話・年頭会見「慰安婦問題、韓国が重視した3つの要件」
韓国の朴槿恵大統領が13日、国民向け談話と年頭記者会見を行い、北朝鮮の核問題や慰安婦問題での日韓合意などについて述べた。
Other Entry



Share

Follow

慰安婦問題日韓合意 安倍首相「海外報道の誤った誹謗中傷、政府として事実でないと示す」
この記事をお届けした「政治備忘録」の最新情報を、いいね してチェックしてね!
トップへ戻る