岸田文雄 | 政治備忘録

岸田文雄

岸田文雄議員の発言や活動などまとめ一覧

岸田外務大臣と夕食会のドゥテルテ・フィリピン大統領「また呼んで欲しい」

岸田大臣と夕食会を行ったフィリピンのドゥテルテ大統領は「よかったら来月も日本に呼んでくれ。そうでなければ岸田大臣を招きたい」「(食事が)素晴らしかった」などと語った。一方、在日フィリピン人との集会では改めてアメリカ批判を行った。

慰安婦問題日韓合意 安倍首相「海外報道の誤った誹謗中傷、政府として事実でないと示す」

慰安婦問題、政府として今後も誤りや嘘などの誹謗中傷に適宜対応することが安倍首相の発言で示された。日韓合意後の、識者の反応に思うあれこれ。具体的には、政府として、海外の「性奴隷」、慰安婦の数などの誤った誹謗中傷は、事実でないと示す。軍の関与については「衛生管理も含め、管理、設置に関与した」、慰安婦の募集については軍の要請を受けた業者が主にこれにあたったなどという発言があった。

第2回日英外務・防衛閣僚会合「2+2」など 共同訓練や部隊間交流、北朝鮮対応で連携強化 

第2回日英外務・防衛閣僚会合「2+2」等のため英国のフィリップ・ハモンド外務・英連邦大臣及びマイケル・ファロン国防大臣が来日。日英両国での共同訓練や部隊間交流を進めることで合意。自衛隊と英軍が物資を融通し合う物品役務相互提供協定(ACSA)の早期締結を改めて確認。さらに、北朝鮮への対応で連携強化。

岸田外務大臣会見 慰安婦問題合意、南シナ海問題など(全文・動画)

慰安婦問題で日韓外相会談が行われ、両国は最終的な合意に至ったと発表。日韓外相による共同会見を行った。岸田外相は改めて記者団の質問に応じ、慰安婦問題、日韓関係、G7、日中韓サミット、国連安保理常任理事国入りへの取り組み、日英会合、南シナ海問題などについて答えた。

【慰安婦 日韓合意】会見内容、安倍首相・パククネ大統領発言、海外の反応など

日韓両外相共同記者発表全文、日韓首脳電話会談概要、安倍首相発言全文、パク・クネ大統領発言、アメリカ政府声明、海外首脳の反応、海外の報道などをまとめました。敢えて書きますが、政治として見た場合、今回の合意に関しては日本は勝ったのではないでしょうか。ただ、一つ条件がありますが。

岸田外務大臣会見「ISIL機関誌の日本記述、尖閣諸島、訪露について」<全文・動画>

11日の岸田外務大臣記者会見で、ISIL機関紙の日本記述、尖閣諸島、訪露など、気になる話題が含まれているのでご紹介します。イスラム国については「在外公館の警備,遺漏なきよう,指摘された3つの公館がありますが,3公館のみならず全在外公館に対しまして注意喚起を行い,そして更なる警備強化を指示いたしました」と答えました。

中国国営の新華社通信、天皇陛下に謝罪要求

中国国営の新華社通信が25日、天皇陛下に対して先の大戦について謝罪すべきだと主張する記事を配信しました。また、中国海軍が、尖閣諸島を背景に領土防衛への決意を訴える兵員募集向けの動画を作成もしています。外務省の川村泰久外務報道官、菅義偉官房長官、岸田外務大臣の発言をまとめました。安全保障は今のままで本当に平和が保たれるのでしょうか。

韓国の尹外相来日、日韓外相会談のポイント・尹炳世発言などまとめ

韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相が日本を訪問し、岸田文雄外相と韓国の尹炳世外相による日韓会談が東京都内で行われた。日本が進める「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産登録について協力する方針を初めて示した。尹炳世発言や日韓外相会談のポイントをまとめた。

【岸田外相会見】韓国 MERS、G7、日露関係・プーチン訪日について

6月9日に行われた岸田外務大臣の会見。関心を持つ人が多いであろう、韓国 MERS、G7、日露関係・プーチン訪日について質問に答えている。プーチン訪日は、水面下では具体的に動いているようだ。G7で安倍首相がプーチンと会談することの意味を説明し、理解も得た。これまでの日本なら、事前に国際社会(アメリカ)から潰されていたのではないか。

岸田外務大臣会見「NPT運用検討会議、ケリー国務長官訪韓、世界遺産申請案件、訪ロシア」<全文・動画>

最近注目されている、NPT運用検討会議、ケリー国務長官訪韓、世界遺産申請案件、共和党有力候補のジェブ・ブッシュ氏による日米同盟に関する発言、訪ロシアなどについて、岸田外務大臣が記者の質問に答えています。動画と全文を掲載しています。

日中韓外相会談と会談後の外務省ブリーフ

最後に引用した外務省が会談後に行った主な説明を読むと、「歴史を直視し」という文言が共同発表文書に入ったことについて、中国の王毅外相が「大事な言葉だ」と宣伝に利用したようだ。それに対し、外務省は「過去に2度使われた言葉なんですけどー?」と説明している。

トップへ戻る