新国立競技場、計画白紙でコンペ開催からやり直し | 政治備忘録

新国立競技場、計画白紙でコンペ開催からやり直し

Share

2020年東京五輪・パラリンピックのメイン会場となる、新国立競技場の総工費が当初計画の2倍近い2520億円に増大した問題で、計画がゼロベースで見直しとなった。

Point

ゼロベースで見直し
2012年の国際コンペに応募があった案から選び直すというのではなく、コンペを開くところから改めてスタートさせる。

今後のスケジュール目安

1デザイン、業者選定を半年以内に
2設計から工事完成まで50カ月強
32020年春までに完成

安倍晋三首相

17日午後、東京五輪・パラリンピック組織委員会会長の森喜朗元首相と会談し、建設計画や大会運営について、計画見直しへの協力を求めた。その後、総工費の縮減が可能か関係閣僚に見直しを指示。

菅義偉官房長官

午後の記者会見で、「デザインそのものが大きな工事費につながっている」と述べ、総工費圧縮にはデザイン変更が必要との認識を示した

下村博文文科相

午後の記者会見で、コンペからのやり直しを表明。また、首相には見直すべきだということについて1カ月前から提案していたと説明した。

安倍晋三首相 ぶら下がり会見(17日午後 首相官邸)

「現在の計画を白紙に戻し、ゼロベースで見直す決断をした」

首相は17日午後、大会組織委員会会長の森喜朗元首相と会談し、計画見直しへの協力を求めた。森氏は了承し、競技場を19年のラグビーワールドカップ(W杯)で使う計画は断念。

安倍晋三首相の発言

「コストが予定より大幅に膨らみ、国民、アスリートからも大きな批判があった。このままでは、みんなで祝福できる大会にすることは困難だと判断した」
一カ月ほど前から計画を見直すことはできないか検討を進めていた。本日、五輪の開催までに間違いなく完成することができると確信できたので、決断した」
「できる限りコストを抑制し、現実的にベストな計画をつくっていく」
「W杯(ラグビーワールドカップ)に間に合わせることはできないが、W杯をしっかり支援していく考えに変わりはない」

会見内容趣旨

東京オリンピック・パラリンピックの会場となる新国立競技場の現在の計画を白紙に戻し、ゼロベースで新しい計画を作りなおす。そう決断致しました。

オリンピック・パラリンピックは、国民みんなの祭典です。何よりも優先されるべきは、国民の皆さん、アスリートの皆さんから祝福されるものとすることです。

国民の声に耳を傾け、1か月ほど前から現在の計画を見直すことができないか検討してまいりました。本日、オリンピック・パラリンピックまでに工事を完了できるとの確信が得られましたので、決断を致しました。

新国立競技場を世界の人々に夢と感動を与えるような場とするため、できる限りコストを抑制し、現実的にベストな計画を進めていく決意です。新しい計画づくりに直ちに取りかかるよう、関係大臣に指示致しました。

ラグビー・ワールドカップには新競技場は間に合いませんが、大会が成功するよう、国としてしっかりと支援してまいります。

出典:首相官邸

内閣官房長官記者会見(17日午後)<全文>

オリンピック・パラリンピックは、国民の皆さんの祭典であり、東京大会の会場となる新国立競技場についても、国民の皆さんに祝福をされるものとすべきであるというのが、総理の強い思いであります。

この問題については、これまで国民の声に謙虚に耳を傾け、様々な点を踏まえて検討を進めてきました。その上で、本日、総理が現在の計画を白紙に戻し、ゼロベースで新しい計画を作り直すことを決断をし、遠藤大臣及び下村大臣に指示しました。

今後、新国立競技場が世界の人々に夢と感動を与える場となるよう、極力コストを抑え現実的にベストな計画を進めてまいりたいと、このように思います。

出典:首相官邸

内閣官房長官記者会見<動画>

下村博文文科相 ぶら下がり会見(17日午後 首相官邸)

ーー首相が「白紙」を発表した。どう考えるか

「多くの国民の皆さん、アスリート、色んな方々から、色んなご心配や問題する意見が出ていたから、国会でも見直しなどの意見が出ていたので、1カ月くらい前から見直しを検討していた。見直しについての案も含め、首相にもご報告していた。首相からは引き続き見直しができるかどうか検討を続けるようにと指示があった」

「ただ、6月29日のオリンピック・パラリンピック組織委員会で調整会議があったが、その時までには見直してラグビーワールドカップ、オリンピック・パラリンピックに間に合うというような確信が持てなかったので、一応、ザハ・ハディド氏の案を前提にして調整会議の時に報告した。その後、ラグビーワールドカップに間に合わないのはやむを得ない、2020年オリンピック・パラリンピックについては見直ししても工事などが間に合うということが、きょう確信できたということで首相から見直しをするという表明がされた」

ーー具体的なプランは

「新たにゼロから見直してやり直すということだから、改めて新たなプランなどの設定で半年間くらいかかるということ、その後、実際に建築工事にかかるので、具体的なプランの選定などを、これから遠藤(利明)五輪相に相談しながら進めていきたい」

ーーここにきて「間に合う」というのは

「ラグビーワールドカップに間に合わせるということが前提だった。ただ、われわれが私と遠藤さんと菅義偉官房長官が同席する前に、首相から森会長にラグビーワールドカップは間に合わないけれど、他の競技場での成功に国としても支援するということで、森会長の了解を得られたということなので、ラグビーは間に合わない、それでもオリンピック・パラリンピックには間に合うということであれば見直しをしようということを、首相が森会長と相談の上、決定された

ーー2012年の国際コンペに応募があった案から選ぶということか

「いやゼロから見直す」

ーーということは、コンペをまた開くのか

「そうです」

ーー半年後で間に合うと確信を得たのはどういう判断か

「専門家の方々に詳しく聞いた結果、そういうふうに官邸として調査結果を受けたということ」

ーー半年の猶予は受け入れられるものか

「今月末に森会長がIOC(国際オリンピック委員会)の総会で説明していただく」

ーー手続き的に強行では

「東京都、国土交通省、ぜひオールジャパンで協力してもらえるようにお願いしたい」

ーー完成のメドは

一応、半年以内にデザイン、具体的には業者選定まで約半年、設計から工事完成まで50カ月強、2020年春までに完成ということが目安

ーー2000億円を切るという報道もあったが、イメージはそれくらいか。

「きょうは、ゼロから見直すということを決めたということで、それ以上は議論していない」

ーー1カ月前に見直さなければいけないと思った理由は

首相には見直すべきだということについて1カ月前から提案していた

ーー下村氏から提案していたのか

「そうですね」

出典:産経 2015.7.17 18:47

IOCコーツ副会長「五輪開催に影響ない」

IOC副会長で2020年東京五輪の準備状況を監督する調整委員会のコーツ委員長は17日、新国立の建設計画が白紙撤回となったことを受け、次のようにコメント。

見直しが五輪・パラリンピックの開催に影響しないと理解する」
新国立競技場の建設を「今後何年にもわたって国民に役立つ国家プロジェクト」と位置付けた。
選手や観客にとって最良のスタジアムのために解決策を探ろうとする安倍首相の判断に注目する」と前向きに受け止めた。

参考文献:共同 2015.7.17 22:48

IOC会長、撤回評価「デザイン重要ではない」

国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は18日、ゴルフの全英オープンを開催中の英セントアンドルーズで記者会見し、2020年東京五輪・パラリンピックのメイン会場となる新国立競技場の建設計画が白紙撤回されたことについて、「問題を先延ばしにせず決断したのは良かった」と評価した。

バッハ会長は五輪の競技場に求める条件について、「唯一の関心は選手と観客が使いやすい、最先端のスタジアムであること。デザインはあまり重要ではない」と語った。また、撤回の理由が建設費の高騰だったことについては「日本は妥当な金額で素晴らしい競技場を造ると確信している」と語り、5年後の五輪開催に問題はないという認識を示した。

出典:読売新聞 7月18日(土)19時47分

今後の主なスケジュール

2015年 9月 政府が新しい整備計画を策定
秋以降 デザインや設計・施工業者を一括で選定
2016年 1~2月? 整備事業に着手
2019年 9月 ラグビー・ワールドカップ日本大会開催
2020年 春? 新国立競技場完成
7月24日 東京五輪 開幕
Other Entry

Share

Follow

新国立競技場、計画白紙でコンペ開催からやり直し
この記事をお届けした「政治備忘録」の最新情報を、いいね してチェックしてね!
トップへ戻る