【自民総裁選】安倍首相再選支持多数、派閥の動き | 政治備忘録

【自民総裁選】安倍首相再選支持多数、派閥の動き

Share

自民党は9月末に任期満了となる総裁選の選挙管理委員会を20日に発足させた。

二階氏はいち早く再選支持を表明。
二階派の研修会で正式に派閥として再選支持を決めた9日、首相は二階氏に直接電話で「ありがとうございます」と伝えた。

二階俊博総務会長の話

自民党は安倍再選に向かって今、静かに進んでいる。私の経験からすると、再選は間違いない状況だ。

(日本外国特派員協会 19日)

谷垣禎一幹事長の話

「なるようにしかならぬものだ。無理にひん曲げるのもよくない」と述べ、首相の無投票再選を避けるための対抗馬擁立の動きを牽制(下記「古賀誠元幹事長の話」参照)

(18日記者会見)

岸田派の名誉会長、古賀誠元幹事長の話

総裁選は対立候補が出て選挙戦にすべきだとの見解を示していた

9月の総裁選で首相が無投票再選されるとの見方に関し、「国民の皆さんが納得できるか。他にリーダーたりうる人はいないのかと失望するだろう」と述べ、「力量のある人材」として岸田文雄外相や林芳正農相、野田聖子前総務会長を挙げたが、意中の候補については「うんぬんすべきではない」と明言を避けた。

7日発売の「文芸春秋」インタビューより

自民党各派閥の動向

安倍首相再選を支持 態度示さず
細田派 95人 岸田派
(岸田文雄外相は不出馬表明。岸田派としての対応は来週の幹部会合で決定)
45人
額賀派 53人 石原派 14人
麻生派 37人
二階派 34人
山東派 10人

態度を明らかにしていなかった岸田氏も19日、不出馬の意向を示した。

無派閥

不出馬 態度示さず
石破茂地方創生担当相 野田聖子前総務会長

石破氏は21日の記者会見で、総裁選への対応について「閣僚として安倍政権が国民の信頼を得て政策を遂行するため最大限の努力をしている。それ以外申し上げることはない」と述べ、事実上不出馬を認めた。

野田聖子前総務会長が態度を明らかにしていないが、いずれにせよ安倍首相の続投で間違いないだろう。

(石破茂氏は無派閥だが、「無派閥連絡会」の立ち上げや、派閥横断型政策勉強会「さわらび会(会長)」に参画。事実上の石破派と揶揄する声もある。)

前回総裁選の立候補者と推薦人一覧 記事リンク

【2012 自民党総裁選】 立候補者と推薦人一覧
2009年10月1日に総裁へ就任した谷垣禎一氏の任期満了に伴って行われた自由民主党総裁選挙。 9月26...
Other Entry

Share

Follow

【自民総裁選】安倍首相再選支持多数、派閥の動き
この記事をお届けした「政治備忘録」の最新情報を、いいね してチェックしてね!
トップへ戻る